火の国の友との束の間の愉しいひととき!

苦楽を共にした、仲間との時間を大事にしたい!

 

このところ、よく夢を観ます。

先日は、何度かこのブログに登場している友人

のY和さんが、夢に出てきたのです。


Y和さんは、33年来の友人で、私が関東にい

る頃に仕事上で知り合い、九州へ出張する度に

会議のアレンジや、現場の作業長達との呑み会

までセッティングしてくれて、これまで何度も

愉しい宴を過ごしてきたのです。

squid-angler-55.hateblo.jp

夢の中では、彼は側にいるのに、話しかけても

何も云わないという不思議な夢だったのです。

私は正夢とかは、あまり信じない方なのですが

年始のLineでの挨拶をしてからは、連絡を取り

合っていなかったので、Lineをしてみました。

 

Lineで会話をしていると、一緒に仕事をして

呑み友達でもあった、A作業長の話題になり、

Y和さんが、Aさんに連絡してくれて、3人で

リモート呑み会をすることになりました。



そして、昨日の夜、Lineのグループトーク

使って、3人で呑み会を始めました。

Aさんとは、7年前に旅行をした時以来だった

のですが、白髪が増えたものの声の張りも変わ

らず、元気そうでほっとしました。

というのも、20年くらい前に、突然倒れて、

一時は、記憶を失ったことがあったからです。

体調に変わりないか訊くと、親戚との会食後に

なぜか肋骨が4本折れて、3本ひびが入って、

もしも、奥さんの発見が遅れていたら、霊柩車

に乗るところだったと話していました。

 

私の郷里に遊びに来るように、誘ってはみまし

たが、飛行機に乗るのが心配な様子だったので

Y和さんは、このリモート呑み会を人数を増や

して、毎月やろうと提案してくれました。

AさんもY和さんも、新製品を量産立上げする

という苦楽を共にした大切な仲間なのです。

これからも、2人との束の間の時間を大事にし

たいと思っています。

 

            本日は、この辺で。